SVHCとは

SVHCとは、Substances of Very High Concernの略 (高懸念物質)でヒト(人)の健康や環境に対して、非常に深刻な悪影響を及ぼす可能性のある物質のことを指します。

(1)発がん性物質
  発がん性を有する物質
(2)変異原性物質
  遺伝子(DNA)に変化を引き起こす物質
(3)生殖毒性物質
  生殖機能に影響を及ぼす物質
(4)PBT物質(Persistent Bioaccumulative and Toxic)
  附属書VIIIに規定される難分解性、生物蓄積性および有毒性を有する物質
(5)vPvB物質(very Persistent and very Bioaccumulative)
  附属書VIIIに規定される極めて難分解性で高い生物蓄積性を有する物質
(6)その他の毒性物質

上記条件に該当する物質がEU各国から提案されその後、パブリックコンサルテーションにかけられてSVHCとして正式決定されます。

SVHCが決定の流れはおおまかに以下の通り

□SVHCの候補提案
   ↓
□パブリックコンサルテーション
   ↓
□認可候補物質リスト(Candidate List)登録
   ↓
□認可対象物質、附属書XIVに登録

本来は認可対象物質もSVHCになるのだが、認可候補物質=SVHCという定義が浸透している為、認可対象物質はSVHCを付けづに呼ばれる事が多い。そして、認可候補物質に決まった時点で届出や情報開示の必要が出てくるので注意が必要です。
タグ:SVHC
posted by rin at 23:47 | Comment(0) | SVHC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: