EUの法体系

EUの法体系 外務省: EU関連用語集より
・規則 (Regulation)
加盟国に対し、国内法への適用を待たずに直接拘束力を有する。

・指令 (Directive)
加盟国を拘束するが、適用に当たって国内での立法措置を必要とする。

・決定 (Decision)
特定の当事者(加盟国、会社または個人)を対象に、具体的な行為の実施あるいは廃止等を規定する。直接適用される。立法手続きの違いで、共同決定、賛成、コンサルテーションがある。

・勧告 (Recommendation)
加盟国、企業、個人等に一定の行為の実施を期待することを欧州委員会が表明する。拘束力はない。義務ではないが、加盟国の立法の準備を目的とする間接的な法律文書となる。

・見解 (Opinion)
特定のテーマについて欧州委員会の意思を表明する。拘束力はない。


posted by rin at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。