VDA材料分類とは

VDA材料分類とは、材料の用途を示す分類分けでその材料が何のために使用しているのか判断できるようになっています。材料に規制物質が含有している場合に免除の対象になるか確認できます。
主にIMDSとJAMAシートなどで使われている
元はドイツ自動車工業会(VDA) で作られていたもののようですが現在の更新自体は不明

IMDS上ではIMDS材料分類と表現されてます。以前はVDA材料分類だったような記憶があるのだけど
IMDS材料分類 英日対照表 (ver. 1.20)

JAMAではここから
JAPIA JAMA/JAPIA統一データシート
「VDA材料分類コード日英対照表」から参照できます


タグ:VDA材料分類
posted by rin at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。