ECHAはフルミオキサジンおよびプロピレンオキシドのパブリックコンサルテーション

ECHAは、農薬アクティブフルミオキサジンおよび工業化学酸化プロピレンのため調和分類と表示(CLH)の提案にある2つのパブリック協議を開始した。
フルミオキサジンの提案は、チェコ共和国から提出されたと生殖毒性区分1Bの除去だけでなく、新たなM-ファクターの導入を懸念しました。CLP下急性および慢性水生の物質の分類は影響を受けません。
オランダから提出されたプロピレンオキシドの提案では、物質の急性毒性有害性区分の変化を求めている。
コメントは、2013年10月21日まで提出することができる。

・フルミオキサジン 75-56-9
propylene oxide; 1,2-epoxypropane; methyloxirane

・プロピレンオキシド 103361-09-7
Flumioxazin (ISO); N-(7-fluoro-3,4-dihydro-3-oxo-4-prop-2-ynyl-2H-1,4-benzoxazin-6-yl)cyclohex-1-ene-1,2-dicarboxamide

ケミカルウォッチ|ニュースアイテム| ECHAはフルミオキサジンおよびプロピレンオキシドの相談

調和分類と表示現在の協議 - ECHA


タグ:CLH ECHA
posted by rin at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。