ドイツの3つのCLHの提案を提出する

ECHAのレジストリによると、3つの新しい調和分類と表示(CLH)提案書を提出する予定です。
ドイツでは、フタル酸ジイソブチルためのCLPの下で生殖毒性(DIBP)の特定の濃度限界を除去するために提案されており、有機溶剤で処理インドセンダンエキス、用CLP下生殖毒性、水生慢性および感作の分類を追加することができます。
第三の提案は、ジメチル、殺虫剤のための生殖毒性、水生急性、水生慢性および感作の分類のためである

ケミカル時計|ニュース項目|ドイツの3つのCLHの提案を提出する


タグ:CLH
posted by rin at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。